日本に帰国して(1/3)

近況をぽつりぽつりと書いてければと思う。

まずは私は任期短縮し帰国しました。そのことから。

帰国後に大学院(理学系)に進みたかった私は派遣後1年ぐらいたって、その受け入れ先を探しに一時帰国しました。
そこで見学した研究室に「4月に帰国してまず研究生として始めれば」と打診を受けました。

それに従う形で派遣後1年9か月にあたる2017年3月に帰国しました。

青年海外協力隊になってから理系の大学院に行こうと思ったのはとりあえず3つ理由があります。

・元々理科が好きであったこと。
卒業直前に学会に参加してもう一度あの場に戻ってきたいなと感じた。

・協力隊の活動と関係のない進路につきたかったこと。
これは少し長くなるが。協力隊としてガーナに行くときに「感動ポルノ」は生み出してはダメだと自分に言い聞かせていた。
感動ポルノについてはこのTEDトーク参照。ただ、欲深いのも自分の性。なので国際的な進路をとろうとするとガーナでの出来事にいろいろと修飾して話すことになると思った。
それはそれで必要なことなのかもしれないが、そこで彼らが必要以上に困っていると言いたくなかったのもある。

・モノを作り出す力
先の項と関連するのかもしれないが。協力隊の広告を見ているとヒロイズム的なものがいくつか見受けられる。でも、ある時ふと思った。
そういったヒーロー漫画の主人公って日常生活何もしてない。悪役ってコツコツと武器作ってる(e.g.それいけアンパンマン)それは作者として自分を正義にしている、いわば現実のアンチテーゼなのではないのかと。
社会に貢献するってやっぱりコツコツ物を作るべきなのかもしれないと、隊員生活の暇な時間に「スパイダーマン2」をみて思った。もちろん当時の私がそう思いたいからそう思っただけで、これが答えではないと思うが。

 

そんなこんなですね。正直周りの隊員と比べても納得できる活動を行えていたわけでもないのでやりたいことやるべきことを前倒しに切り詰めて3か月早く帰国することとしました。

それが帰国5か月前に決めて、4か月前にJICAの人に通知、帰国直前かなりわちゃわちゃしましたが無事に帰ってこれました。

Part2に続く。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s