ネグレクト?

先日首都から帰ってきた。行きはクリスマスモードで人が多く、混雑していたが帰りはスムーズ。14時過ぎには近くのジャンクションで乗り換えるに至った。ここから峠を一つ越えれば我が町だ。屋台のテイクアウトを買う。ジョルフライス(辛口チキンライス)。値段は高めであったがパスタにサラダにキチンも大きく食べるのが楽しみになりながら帰宅。

さっそくきた。隣の家の子ども2人。「お土産は-?」「ビスケットはー?」近所づきあいとして買ってはいた。だが私が玄関の扉を開けているときによって来てそのまま一緒に家に入ってくる素早さ。こっちは8時間の移動の後だ。水の一杯の隙入れずに来られると起源はよくはならない。素直にポンと渡す気はなくなる。(自分の性格の悪さがよく分かる)

とにかく昼食をとらせてくれという。そしたら「おなかがすいてる」と。

隣りの家は休日は1日2食である。遅めの朝ご飯と早めの夕ご飯。訊くと今日はまだ朝食のお粥(といっても砂糖と牛乳を入れる個人的にはもっともガーナで苦手な食べ物)しか食べてないという。時刻は15時だ。普段なら2食目の準備が始まっている時間なのだが…

この日の昼は校長主催の下、パーティーがあった。おそらく夫婦そろって出かけている。ということは夕食の準備の状況からしてこの子たちは本日1食のみだ。それはいかにもかわいそうだ。

結果。ジョルフライスをあげた。ビスケット食べて変に甘い物中毒になるより、しっかりしたもの食べた方がいいだろう。あれから3日経つ今思い出してもよだれが出るほどに豪華なジョルフライス…

ちなみにこの家庭、そこまで貧しくはないはずなのだが。教員の中でもいい家に住んでおりテレビもある。事実子供2人のうちの一人はメイドとしている位置づけだ。ちなみに私が来てから2代目である。この家族が出かけた際にはメイドの子(そのときは1代目)は自分の家に帰っていた。そういえば1代目の子は元気であろうか。

子育てに手間やお金をかけないのは日本が教育熱心からなのかもしれない。欧米はどうなんだろう。と思いつつこの日の昼食はビスケットを食べた。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s